自治意識の差で星野村の活力が決まる!

0
    いつも沢山のご意見・ご感想を頂きありがとうございます。

    さて、一昨日、昨日の2日間、合併推進派、自立推進派のそれぞれが主催で集会をされました。どちらも熱気に溢れていたという評価です。

    私は、この日記の中でも何度も書いていますが、星野村の合併問題を機に「合併はどちらでも良い、あまり関係ないし、なるようにしかならないので傍観しておこう.etc...」と、よそ事のように思うのではなく、明治23年に設立されて以来、合併をしなかった私たちの星野村が、どうあるべきか?合併しなかったらどうなるのか?合併したらとうなるのか?自分達の生活はどう変わっていくのか?等を一人ひとりが真剣に考える良いチャンスだと思っています。

    合併した方が良いと考える方は、合併する事のメリットと合併しない事のデメリットを洗い出し、一方で合併せず自立の方が良いと考える方は、合併する事のデメリットと合併しない事のメリットを洗い出します。

    私が昨年7月に村議会議員に当選させて頂いてから、合併問題に関しては特別委員会や住民説明会も、村の説明では殆どが、合併する事のメリットと合併しない事のデメリットしか話されていませんでした。村が合併を前提に進んでいるという事だから仕方がない事かもしれませんが。

    昨今のテレビ、新聞などの情報を見ますと、国の通りにやっていれば全てがうまくいっているとは限りません。国民に隠されていた事、国民が知らなかった事が、次から次へと明るみに出てきます。

    地方に目を向けてもそうです。村の通りにやっていれば、全てがうまくいくとは限りません。村民が幸せになるとは限りません。

    村役場の職員の方々は、村内では相対的に優秀な方々ばかりです。その能力を村外や国レベルの方々とも対等に渡り合える自信に進化させて頂きたいと思います。国や県へも自信を持って物申す!存在になって頂きたいと思います。
    村民にも色々な思いを持った方々がいらっしゃいます。大所高所からの見解や思いやり、そして何よりも自信を持って粘り強く接して頂きたいと思います。

    現在星野村の人口は約3,400名です。一人ひとり一生懸命毎日を送っていらっしゃると思います。「めい一杯している!」とおっしゃるかもしれません。でもあと1%でも良いからプラスα星野村の為に力を出し合って頂きたいのです。
    毎日、生えている草を1本取る、ゴミを今までより1個少なくする、前日よりも1人多くの方に挨拶を交わす(元気や明るさを与える)など、色々あります。
    ”数は力なり!”、”継続は力なり!”です。

    仕事などを通して、又、特に今回の合併問題を通して、全国から沢山のご意見を頂いています。ありがたいことです。
    感謝デス!m(._.)m

    ここにきて、3月議会でも否決され実現されなかった合併の賛否を問う住民投票の実施が確実視されています。

    今回起きている合併推進派、自立推進派双方の住民運動は、星野村の潜在能力の表れの一つだと私は思います。
    星野村以外の八女市、黒木町、立花町、矢部村の1市2町1村では起きなかったものです。
    合併という最重要問題に際し、不平や不満があっても、他市町村は表面に表せなかった”疑問”を星野村は住民から投げかける事が出来たのです。

    星野村の合併に対して、人それぞれ評価は違いますが、私のところに届く全国からの多くの便りでは、「星野村の人たちは凄い力をもっている、星野村は凄い!」というのが現状です。

    自治意識の差で星野村の活力が決まる!

    「星野村は、新たな星野村へ脱皮をしている」と感じています。


    (2008.5.29西日本新聞記事より)

    5.29



    星野村議会議員・山口浩久のHPへ戻る


    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    profilephoto
    山口浩久略歴
    父親を中1で亡くし、高校まで自宅から23kmを自転車通学をする。
    予備校での浪人1年間は大阪で朝日新聞奨学生として、慶應大学在学中の4年間は東京で日本経済新聞奨学生として新聞店に住み込み、朝・夕、約300軒の新聞配達をし、学費生活費一切を自分で稼ぐ。
    大学4年時に原因不明の重度の貧血で生命の危機に襲われた経験を持つ。(数年後完治)
    大学卒業後12年間の証券会社勤務で世界の金融・経済の流れを身に付け、郷里の星野村で創業。
    村議会議員時代から長年抱いていた観光立村・教育立村を提唱。
    2009年6月NPO法人星野村里山ツーリズム協会を設立し現在実践中。
    1964年1月1日生まれ
    福岡県立八女高校卒
    慶應義塾大学卒
    国際証券勤務
    (現三菱UFJモルガンスタンレー)
    2001年独立し現在に至る
    山口浩久によるヤル気アップ
    無料子育て相談はお気軽に!↓↓
    info@h-yamaguchi.comまで

    hoshinojyuku.jpg


    facebook-h2.jpg


    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 仕事をするのは当たり前、勉強するのは当たり前の世界をつくる!
      山口浩久
    • 仕事をするのは当たり前、勉強するのは当たり前の世界をつくる!
      おおはし
    • 中学入試は別の景色を見る第一歩
      山口
    • 中学入試は別の景色を見る第一歩
      hiro834
    • 中学入試は別の景色を見る第一歩
      山口
    • 中学入試は別の景色を見る第一歩
      hiro834
    • 明善高等学校修学旅行2016
      山口
    • 明善高等学校修学旅行2016
      ゆうちゃん
    • 最後の粘りを!
      山口浩久
    • 最後の粘りを!
      星稜中3

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:1892 最後に更新した日:2020/05/03

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM